2022 山形市のリフォーム補助(県市補助タイプの第1回募集受付けが始まります)

公開日:  最終更新日:2022/06/18

 

皆さん、こんにちは(^^♪

いつも、ありがとうございます。

 

依然として世界中がコロナ下といった、厳しい状況が続き、多くの行動が制限される中ではございますが、4月は新年度への切り替わりということで、様々な制度が実施されます。

 

毎年、この時期に行われているリフォーム補助金の申請もそのうちの一つで、まもなく一部受付けが始まります。

 

山形市の場合は、いずれも抽選にはなりますが、これからリフォームをお考えのお客様は、選択肢の一つとしてご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

そこで、今回は山形市における「住宅リフォーム補助」について、2回に分けて簡単にご紹介したいと思います。

第1弾は「県市補助タイプ」、第2弾は「市補助タイプ」になります。

 

さて、今回は第1弾ということで、「県市補助タイプ(所得制限なし)」のご紹介をさせていただきます。

 

  • 募集期間(いずれも抽選です)

第1回募集 2022年4月18日(月)~4月22日(金)まで

第2回募集 2022年7月4日(月)~7月8日(金)まで

注:「移住世帯」・「空き家バンク登録空き家」・「豪雨被災住宅」・「やまがた健康住宅認証を受けた改修工事」によるお申し込みの方は、抽選によらず優先して補助予定者となります。

 

  • 補助額

【一般世帯】

工事に要する経費(消費税込み)の20%(24万円限度:千円未満切り捨て)

【移住世帯】【新婚世帯】【子育て世帯】

工事に要する経費(消費税込み)の33%(30万円限度:千円未満切り捨て)

  • 対象工事

5万円以上の工事で、家屋の修繕、補修、増築工事等のうち条件を満たすもの。

*条件につきましては、別途お問い合わせください。

  • 対象となる住宅

・市内に存する自分がお住いの戸建住宅や集合住宅の自己専有部分又は、上記の空き家バンク登録空き家。

・過去に住宅リフォーム補助事業により補助を受けていない建物等(敷地内)であること。(豪雨被災住宅は除く)

  • 世帯構成

三世代・移住・近居・新婚・多子

  • 申請できる方

①山形市に住民登録をしている方

②リフォームを行う建物の所有者

③市税等を滞納していない方

  • その他

*工事施工者は、山形県内に本店を有し、山形市に事業所、支店を有する法人または個人であること。

 

掲載されていない細かい要件につきましては、別途お問い合わせください。

 

MYスタイルでは、こちらの制度を使ったリフォームも行っておりますので、ご興味のあるお客様はぜひお問い合わせください。

なお、リフォーム補助制度は、山形市に限らず、他の市町村でも行っておりますが、募集方法等、違いがございます。詳しくは各市町村担当窓口へお問い合わせください。

 

次回第2弾は、「市補助タイプ(所得制限あり)」のご紹介をしたいと思います(*^_^*)

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket